WEBにおける勤怠管理での打刻方法

WEBにおいて勤怠管理を行えるシステムがあります。ICカードなどから打刻をし、ネット上で承認をします。

WEBにおける勤怠管理での打刻方法

WEBにおける勤怠管理での打刻方法 毎朝出勤をしたときに行う作業として、タイムカードの打刻があります。入り口などにタイムレコーダーが設置されていて、自分の名前の書かれているカードを打刻します。すると時間が印字されます。それが出勤時間になります。帰りにも同じように機械の中に入れます。するときちんと退出時間に時間を押してくれます。これが退勤時間になります。これによって時間がわかりますから、後は1箇月後に有給休暇であったり、遅刻時間、残業時間などを集計して上司に提出をします。上司は内容を確認して、問題がないのであれば承認印を押します。最終的には給与の計算をする部署に届けられ、その内容が入力されることになるのです。多くの会社で行われている仕組みです。

非常に便利ではありながら、間に多くの手作業が入ります。それも、毎日タイムカードを押すのも面倒です。もっと簡単になる仕組みとして、WEBを利用して勤怠管理が行えるものがあります。その中には、打刻について多様な方法が紹介されていました。タイムカードと同じようにタイムレコーダーが設置されているのですが、携帯電話をかざすだけで良いようになっています。また、専用のICカードをかざすだけで機械に登録されるようになっているものがあります。他には、携帯電話からサーバにアクセスすることで始業時間を登録したり、パソコンから始業の打刻ができるものがあります。朝に出勤をして、機械を立ち上げると打刻ボタンが出るのでそれを押すと出勤になります。

これらのデータに関しては、ネットワークを通じてサーバに送られます。そして管理することができるようになっています。便利なのは打刻の状況がインターネットから確認することができることです。ICカードなどだと本当に打刻されているかどうか心配なことがあります。ですから、打刻をした後には、インターネット上からその時刻で問題ないかどうかの確認チェックを入れるようになっています。それが本人確認にもなります。

Copyright (C)2019WEBにおける勤怠管理での打刻方法.All rights reserved.